事業内容

精密板金

素材選定から板金・溶接・組立て・研磨・塗装に至るまで

板金は技術的にも機械的にも様々な手法を用いて作られます。鋼材の取り扱い経験より、素材の特性を熟知しており、適切な加工手法を選択します。組立てや塗装に至るまで一貫して対応いたします。

また、精巧な溶接・研磨を要求される各種ステンレスの精密板金も取り扱っております。

下記のサンプル品は、シャーリング・タレパン・レーザーはもとよりワイヤーカット・ベンダー・プレス・ボール盤・バリ取り機・溶接機などの機械によって作られております。

小物ケースカバー

小物部品




製造工程

STEP1

図面展開

精密板金は一般的には第三角法で書かれているので、これを板金でどう実現するかイメージすることが重要です。(NC機用を使う場合はプログラムを作成する必要があります)

STEP2

切断加工(シャーリング加工)

STEP3

穴あけ加工、打抜き加工、レーザー加工等

STEP4

前加工(バリ取り加工、タッピング加工等)

特に後工程での加工が困難になる場合はこの段階で前加工します。

STEP5

曲げ加工

STEP6

溶接加工

STEP7

仕上げ加工

STEP8

(表面処理)

(メッキ、塗装、シルク印刷など)

STEP9

(組み立て)

STEP10

検査・納品